読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不定期日誌はいろすた

スーパー気まぐれ更新

落書き#003

だいぶ間が空いてしまった・・・

耳掃除のし過ぎが祟りました。m9(^д^)プギャー

右耳の中の傷が悪化して腫れてしまい、膿も出て寝れないくらい痛くて、おかげで病院に行く羽目になりました。くっそくっそ。耳の中には迷走神経というものが広がってて、刺激すると快感を感じるのだとか。それでつい綿棒でワッショイやりすぎて・・・という訳ですね。皆さんご注意を。毎日4本も消費する勢いでやってたらこうなるぞ!

 

前回に引き続き思い出話をしていきますお(^ω^)

f:id:graystar445:20130615010401j:plain

通称:じじい

あんまり知られてないキャラ、それも悪い人。「ヴィクレイマ=ダークネス」という当時の俺のネーミングセンスを疑わざるを得ない名前です(笑) だが変えない

初登場は初期に各ユーザー達の「うごメモフリーキャラ」が蔓延(という言い方は悪いかもしれないが)した頃にぽつぽつと始まった「うごメモストーリー」シリーズ。言わばオールスターものです。作者が何十ものフリーキャラを出演させる物語を作る訳で、俺もこれをやっていたことがありまして。じじいは俺の物語の黒幕として位置していた奴です。最初結構ノリノリでやってたけど一夜かけて描いた漫画が寝落ち→バッテリー切れで消えてショック受けて、それ以降やらなくなってしまったという・・・w  他にも気力の問題や、後々新しく人気になるフリーキャラの登場など色々あったのですが。。。今やれって言われても無理です。飽き性なので(笑)

しかし打ち切り以降「悪役同士で腐れ縁」の流れで、他の「悪いキャラ」と一緒にそれとなーく使ってもらえたり。嬉しい限りです。ちなみに悪さをする「悪キャラ」は熱湯さんのイハン=メモラーを筆頭に次々と登場、初期オリキャラ作者なら多分一体は持っているという状況でした。ブームは色々あったのだ・・・

現在じじいは設定では「うごメモの作品が削除された後に堕ちるといわれる、ゴミ箱のような世界『冥蒙界』に」「住処である『零魔邸』を構えており」「執事とメイド、数人の同居人と一緒に暮らしている」「彼の力の源は不純な心の持つエネルギーであり」「堕ちてくるメモにはそれが豊富に含まれているため困らない」。じじいにはもれなく世界までくっついてきます。はてさて3D版で続投したらどうなることやら・・・w

 

そうそう、小説のうpを始めました。

「Happiness Hateful」という、うごメモ終了間際の思念体達を中心とした物語です。ダイアリーの方で連載しているので良かったらどうぞ(’ω’)