不定期日誌はいろすた

スーパー気まぐれ更新

今更綴る「vsθ」の設定色々

\ッシャオラァ!/


【うごくメモ帳3D】Double Interception vsΘ【棒人間バトル】

www.nicovideo.jp

 

はい、そんなわけで上半期ギリギリに間に合わせた「vsθ」です。これでも前作よりは時間かかってないんだよなあ…うん…

 

前作の続きだしZから含めて長いこと悶々と考えていたので設定もモリモリ、こだわりもモリモリです。長いこと私の作品を好いてくれる方々への感謝を込めて、ここでつら~~~っと書かせて頂きます。

 

 

さて作品のページを抜粋しながら…と、その前に前作に立ち戻ってこちらを。

f:id:graystar445:20170720151112j:plain

前作「vsZ」の予告編です。もうこの時点でΘがいるんですよね

何故モニター画面の並ぶ暗室にいるのか?端的に言えばこれは「侵入工作」の光景でした。レイヴントらの住む街「クウェール」には、KBNΔの襲撃を経て壁外監視体制が敷かれたという経緯があります。その為敵性分子などを判別し、街内に入れないようにするのがここの役目だったのですが、Θがそこを突いた為Ζの侵入を許した、という流れ。

Zの前に出てくるまで周囲にジャミングを張って通信妨害を働いたのも彼女。基本的に彼女は補助や支援を得意をするKBNなんですね~。故に「護る」と。生前もそんな性格だったのかも…?

f:id:graystar445:20170720151317j:plain「DESTROY」に対して「SAVE」

                    …ここの一連の構図は前作の左右反転だったり。

 

 

さてここから色々な変形や演出の解説をしていくゾ

f:id:graystar445:20170720151305j:plain

まずこれ。冒頭で路上を炎上させた簡易変形銃ですね。簡易にしちゃあ随分複雑な変形をやってのけてますが、そこは前作同様に兵器データをあらかじめ用意しておくことでスピード向上が図られています。

モデルについてはアーマードコアに依るところがデカい。主任砲と言われるアレの小型版みたいな。多薬室砲の造形が好きなんじゃ…もっともエネルギー弾を打ち出すのが主流のKBNでは本来の役割を果たしていないんですけども…

 

f:id:graystar445:20170720151330j:plain

つぎはこれ。いきなり張り切るぞこいつ!

キャス放送中でネタばらししたけど、これはミドリ#plan-Bさんの「Bug vs Rayvnt part2」からデザインを貰ってきてあれこれしたもの。前方からの衝撃を受け止めて威力を殺す変形ですね。サイバー演出も向こうに倣って同じような感じに。

f:id:graystar445:20170720155026j:plainこちらがネタ元。だいぶ魔改造されてますね…

レイヴントの出てくるバトルでは様々な人が各々独自に考えた変形を出したりしますね。そこから逆輸入という形で使う、というのも面白いよなあと常々考えてます。今回はここしかできなかったので、以降はもう少し取り入れられたらなあという所存。

 

f:id:graystar445:20170720151344j:plain

そしてそこから流れるように生えたのがこちら。地対空光線機銃集中配備「RED CARPET」。FlaKいっぱい書き込むの苦しくて楽しかった(矛盾)

「FULL CRIMSON」と同じく「色」が名前に含まれた兵装「RED CARPET」。フルクリが前方をあらかた吹っ飛ばすのに対して、こちらは滞空している標的を悉く撃ち落とす、そんな兵装です。「敵から見ればその弾幕は「赤い絨毯」と言っても差し支えない」

 

f:id:graystar445:20170720151359j:plain

あとはこれ。名前かけなかったけど書いてもくどいしそのままでいいかな~と思ってほっといたやつです。例によってアーマードコアオーバードウェポン「マスブレード」をモデルとしたハンマーです。打ち付けると爆散するとか。

 

f:id:graystar445:20170720151429j:plain

敵さんだって負けちゃいねえ、大型駆動変形「棘:STRINGER」です。

Θが特化しているのは「メタルの生成速度」であり、それを活用して瞬時にワイヤーを延長させることができます。これによって地形を縫い合わせたり、標的を縫い付けて拘束したりが可能なのです。その分他に比べて強度は不十分であるため、Δのブレードが深々と突き刺さってしまう訳ですね。

これ本体と前脚と後脚でレイヤー分け&白抜きしてるもんだから手間がめちゃくちゃかかるんだよなあ…更に脚先が尖ってるから地面も抉らないといかんし、変形の中では最も苦労したと思います。モデルは蜘蛛。やはり毒のある生物です。

 

f:id:graystar445:20170720151441j:plain

まだまだ行くぞ、色の兵装「ROD OF VERMILLION」です。なんかそれに近い名前のアーケードゲームがありますねえ…?それとかけております。かけた意図は特にないんですが。

色のつく兵装はどれもこれも超威力高コストであり、コレもそれに見合った威力を誇ります。今回はされなかったけど、発射されれば数キロ先まで風穴が開きます。ちなみにこれもACVのヒュージミサイルあたりを(ry

ちなみにCRIMSON、RED、VERMILLIONはどれもレイヴントのカラーである「赤」を基調とした色です。他のKBNにも一応使える変形ですがその場合は名前がちょっと変わるとか…

 

f:id:graystar445:20170720151549j:plainf:id:graystar445:20170720151537j:plain

今回一番やりたかったとこ。もう一度言う、今回一番やりたかったとこ。

BGMの「MANA」の振り向きポイント曲が一瞬途切れるここでこの演出を絶対やりたかったんじゃ…vsZ作り始めたくらいからずっとやりたかったんじゃ… 当初はビルの上からとか、上空からとか上からの登場を目論んでいましたが、下から登場でもええやん?ってことで下から登場してもらった次第。前回で下からのアングルを二発やったので、多用するのはちょっと…と思っていたり。構図は大事。

前作からの副題「Double Interception」はここに由来してます。動画版では『輻輳する機影、乱れ穿つ二重の迎撃』というくせえ言い回しのフレーズがありますが、その通り直訳で「二重の迎撃」、つまりαを迎撃するΘと、それを迎撃するΔという二人にちなんだ副題だったんですね~ スペルミス?何の話かな??????

 

f:id:graystar445:20170720151605j:plain

PULVERIZERでレイヴントを殴りにいったZが返り討ちを食らう図。

「正面から殴り合ってもピンピンしてたのがこんな砲撃一発でここまで食らうのか」と言われてるけどちゃんと理由はあります。Zはもう前作の時点で殆どエネルギーを使い果たしており、レイヴントに大打撃を与える為だけに余力を振り絞って変形したのです。それがこんな予想外の「迎撃」を食らってしまえば、こうもなるわなと。PULVERIZERから排出されたZがまともに動けなくなってるのが分かると思います。

 

f:id:graystar445:20170720151639j:plainf:id:graystar445:20170720151649j:plain

二人の会話をサイバー演出で。これも面白そうだしやってみっかと思い搭載。

盗聴器やトランシーバーの周波数や謎メーターに紛れて、うごメモはてな勢にとって憎きアレもちゃっかり。そう、画面の右下に常に表示されていた為、そこに描いた内容がオンラインでは見れなかったという、憎き電波表示です。昔はこいつをひたすら棒人間で叩いて回すというリレーすらあったのです…些細な遊び心。

 

f:id:graystar445:20170720151702j:plain

大型駆動変形「刃:CUTTER」もデザインを一新。

二つの腕のようなユニットから無尽蔵にブレードを生成して雨のように振らせることが可能。正面から見ると人に近いデザインであり、十数本程度であれば精密な操作もできます。チャンバラだって可能です。元々がトゲの塊みたいなデザインで、Altirallyさんがそれをグレードアップさせたものを描いてくれていたんですが、やっぱりFIGHTERに倣ってこいつも一新したかったのだ…!なおデザインにめっちゃ悩んだ模様。

 

f:id:graystar445:20170720151720j:plain

相手側も対策をします。二人で合体変形(?)です。意外とありそうでなかった発想じゃないかなあと個人的には思ってたり…(知見が浅いだけ)

「膨大な量の刃の弾幕はSTRINGERでは防ぎきれない、ならば装甲の固いZに自分の残存エネルギーを分け防御壁を構築させよう」結果としてサイバー演出も二色になっており、「MARIONETTE OPERATION」「WALL OF ZETA」と武装名も出てます…が黄色の方コレすっげー見づらい。黄色単体なら黒で囲ったりして見やすくしていたんですが二色使ったもんで黒を入れる余裕が無くやむを得ず。Θとの合体技みたいなもんだし、青で囲ってやれば良かったかな~と反省。

 

f:id:graystar445:20170720151739j:plain

最後の最後にダメ押しと言わんばかりの大型駆動変形「砲:SHOOTER」。Δ出てくんならこれも入れたいヨネ~(´・ω・`) 前々作「vsΔ」にてレイヴントの「銃:GUNNER」と対峙した変形です。

尺の都合上やっぱり出番は短くなってしまいましたが、細かなディティールアップが図られてたりします。あとデカめ。上で書いたものに倣えば、Δは射撃・出力の特化が図られている個体であり、エネルギーの操作や射出を器用にこなすことができます。その分物理に若干弱いのはΘと同じ。大型変形することでKBNでも随一の威力を持つ砲を扱えます。モデルは蜂。

 

こうして書くと今作は前作より変形盛沢山でしたね… 序盤の片手砲とか最後の一撃とかちょくちょく書いてないのもあったりするからね… いやまさか形態変化させたいが為に作ったKBNがこんなに荒ぶるとは当時の俺も思わんだろう…

 

 

変形についてはあらかた語ったので、バトルの舞台についても。

f:id:graystar445:20160416230800j:plain

前作「vsZ」の終わりがこんな感じでしたね。ビルを貫通した二人はクウェール沿岸部の大通りで戦っています。で、大体予告編も同じ箇所でやり取りが行われています。

奥側に見える背景は沿岸部の延長。円弧型に港が開かれており、端で戦えば背景にもう一方の端が見える…そんな景観だったという。

 

で、それから本編最初の方に移ると。

f:id:graystar445:20170720151219j:plainf:id:graystar445:20170720151248j:plain

クウェールにはハイウェイが張り巡らされており、ここもそのうちの一つ。特にこのハイウェイは街のシンボルとも言える大吊橋「プリズムブリッジ」に通じています。

高速道路とかでの戦いってロマンあるよね…あるよね?

 

以降は橋の上での戦い。上を車が、下を列車が通るタイプの橋でとてもでかい。なのに物流なんて知るかというレベルで徹底的にボロボロにされてますね。あちゃー

ΘのSTRINGERで地面を縫ったりしたからもう地形管理が大変すぎて後半は浮いてもらったほど。実際地形の素材だけで数十ページに及びます。さらに奥側の半透明フェンスも加えて背景を抜くとかもう気が狂うッ イキスギィ

 

 

「この街や橋の被害をどうするのか?」「KBNの存在を隠し通すのではなかったのか?」まだまだ疑問は尽きぬところかと思いますが、今回のバトルはここでおしまい。後日談のようなものも用意できれば良いのですが、果たしてその気力が俺にあるのやら…

 

KBNシリーズの次回作はまだ計画段階です。次に個人で作るとしたらACPシリーズを復活させようかな、と考えてます。それだけに限らず構想やBGM候補曲だけはいっちょまえに沢山あるんだよなあ~

それに最近新たな勢力(?)もドシドシ現れていて。MadさんがNEWWAVESという新スタイルを引っ提げてうごメモ復活を遂げたり、百瀬さんの超ビジュアルチック棒バトが話題になったりと、ここ最近界隈もなかなかに盛況しております。八月にはボカロで一躍話題となったえくしぃさんがランキングを上映します…いやはや楽しみだ

 

そんな中うごメモ3Dはver1.3.2が配信され、AVI出力が強化されたと聞きます。これは暗に動画版を作ろうなと言われているのでは…?もはや8年目、古参もいいとこですがまだまだ棒人間を動かしたいところです。

それではこれで。

件のことについて

前回のブログにも綴りましたが、「私の偽物が出た」という件についてです。

追いきれてないよ~って人の為に簡単に流れをば。

 

事の始まりはツイキャスでの発言。「ZYESさんちょっと悪質なコメすんのやめてくださいよ~www」という発言が方々で聞かれたが、ここ半年近く私はギャラリーにコメントしていない。これはおかしいゾ?????とギャラリーを見たらmiiもユザネもそっくりな偽物」が、成程好き勝手やっているではないか。

発言は以下の通り。いろんな人の作品でのコメント。

 

「俺をツイッターでたち悪いとか言うなんて良い度胸じゃねえか…俺はあのZYES様だぞ??…まあいい、俺も希望させていただく」

「素晴らしいですね!~^^もし良かったら俺と二人合作しませんか?お返事待ってます!」

 

その他いろいろ。希望させていただくすき

うごメモにおけるなりすましとは所詮子供の浅知恵、せいぜい名前を真似て自分の作品を見てもらう…というのが関の山。ところがどっこいこいつはZYESの印象を落とす為だけに動いている可能性が高いときた。

更に事態は展開し、その偽物はあろうことか「自分が偽物であるというメモ」を投稿した。それがこれ。

f:id:graystar445:20170514170917p:plain

(まだ一部分隠してお送りします)

このメモは現在消されてしまっているが、その大体の文面は以下の通り。

 

『青鳥でボロクソ言われてた、ガキコメ研究した甲斐があったわ』

「皆様改めましてこんにちはZYESです」
「知っての通り私はZYESのなりすましです」
「正直感動しましたね?^^本人様はそれなりに対応していました!(正しく対応してくれた)」
うごメモも俺や君みたいなガキしかいない 訳ではないんですね」
「が、しかしZYESさんのお知らせメモを見る限り私への注意喚起のようなものはなかったのでそれなりに悪質なコメントを成る丈続けようと思います」
「飽きたら次の有名作者さんに化けようと思います^^」
「話変わって、私は実は棒バト作者です 」
「そこらに転がっている君みたいな底辺バトラーとは違ってファンを50人以上抱えています」
「まあそれだけ覚えておいてください」

「以上」

 

このメモは投稿されてすぐ削除されてしまったが、有志がこれを保存しており、その全容を確認することができた。更にL+Yで「サブの3DSだから誰にもばれなくていいわ~」「てめえらじゃ文面だけで誰か予想もできねえだろう」といったメッセージも。

f:id:graystar445:20170514172214j:plain

割とうごメモに堪能?

 

そして一週間が経ち、彼は新たにまたZYES野郎miiの顔を作り直しこのようなメモを投稿。あの顔が検索欄に3つ並んでんのは草

f:id:graystar445:20170514170907p:plain

あいらん君…

 

明確にユーザー名を挙げられてはヘイトが向くのも当然。あいらん君に対しうごメモで直接コンタクトを取ったところ、彼は作品を出して応答してくれた。曰く…

『大事なお知らせ』

「ZYESさんわざわざコメントありがとうございます」

「ZYESさんのコメントの通りZYESさんの偽物が」

「そうだよ…俺はあいらんだよ…ということを書いたメモを投稿していました」

「4回も保存されてて草」

「ツイッターとかで話題になってるんですかね?できないから分かんないや」

もちろん違いますんで(半ギレ)」

「偽物が何を言おうと無視する形でお願いします」

「本気で頭に来ますよ でも無視することが大事だってそれ一番言われてるから」

原文ママ

彼ではないという。そもそもあいらんさんはtwitterでアカウントすら作れない環境であり、事の顛末はあまり把握できない筈では…?

 

そして、本日未明このような垢が現れる。

f:id:graystar445:20170514173210j:plain

自分で描いたけどひろしは草が生える

現在この垢は各々の棒バトラーに「なりすましはもうしません」とアナウンスし、棒バトを作ると意気込んでいる模様。twitterでも言った通り「できるだけ関わらずブロックして無視する」ようお願いをしております。棒バトを作って人気になりたいなら垢でも作り直して、どうぞ。

さて、ここまでが外から見た大体の騒動の流れだと思います。

更に下は読みたい人だけが読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

ここからは私ZYES視点での騒動をヘイト込み、邪推込みで綴ります。

文章により若干気を悪くされる場合もございますし、私の印象もあまり良くないものになる場合もございます。そこを許せる方だけが読み進めてくださいませ。

 

まず偽物が最初に投稿したメモがあった。上の画像では隠している部分があったが、それを外した画像がこれ。

f:id:graystar445:20170514170729j:plain

TrueStar君…?

以下「TS君」と呼称。

何かのバグかと思い、メモをDLした有志に再度撮影をお願いしても結果は変わらず。加えて次に投稿された「あいらん暴露メモ」でもDLするとこの通り、原作者名はTS君のまま変わらず。

ここでZYESは邪推により仮説を立てた。

 

①5/5~5/6、偽物が暴れまわるという旨のツイートを受け夜の22:00~23:00、朝6:00~7:00の間にZYESが現場を確認、この時若干の毒を吐くがツイ消し。しかし5/6の20:01、偽物による作品の投稿。その文章は上記の通り。この作品のタイトルは「青鳥でボロクソに言われてた、ガキコメ研究した甲斐があったわ」

ボロクソに言ったことを確認できるのは「休日の深夜と早朝1時間の間」。粘着でもしていなければ確認が取れない。
なお、ボロクソに言ったであろうツイートはリプライだけは消していない。

 

②尚朝方の毒吐き前後ツイートにはTS君からのリプライが返ってきている。
この時ZYESの「毒を吐いた一連のツイートを削除しておく」という発言に対し「それは良くない」と止める発言。普通TLでお目汚しした際にそれの削除を止める人間がいるだろうか…?彼曰く本人がどう反応しているか見せつけた方が良いという論調ではあるのだが、仮に彼が犯人であるとすると「ZYESの暴言を広めて印象を悪くする」目的があるから「残せ」と言った可能性がある。

 

③さらにその前後で「うごメモのなりすましは一目で見分けがつかない」との発言。 ZYESに対し接触し、さらにZYESを擁護するツイートを流したことで自分は疑いの目から外れる、という目論見があっての行動なのではないか。

 

④日頃から「特定の作者にだけコインが集まる」ことにヘイトを向けており、ここ最近なにかと勢いのあるKBN関連に目を付けたのではないか。それらから今作品をあまり投稿しておらず、比較的コメント欄に現れても疑われにくいZYESを選択したものと考えられる。

 

⑤容疑者はメモ内にL+Yギミックで隠しメッセージを仕込んでいた他、コメントした作品をコレクションからわざわざ外している。つまりはうごメモの扱いにある程度長けた人物である。このことは彼の本アカがある程度のファンを抱えており、それなりの実力があることと矛盾はしない。

 

※あくまで邪推です。TS君やTS君のファンにとっては不快になる内容であることでしょう。申し訳ありません。

 

それからしばらくして、ギャラリーでも偽ZYESからコメントを受けていたsquallさんより「犯人を名乗る人間の後輩にあたる人物」からタレコミがあったと連絡が来た。

それが今TLを騒がせている+31であるのだが、この時の彼はまだ鍵垢である。

彼との一連の会話のスクショがこちら。

f:id:graystar445:20170514183337p:plain

f:id:graystar445:20170514183346p:plain

f:id:graystar445:20170514183352p:plain

俺のくっさいセリフと最後の捨て台詞はまあ置いといて。

ここで挙げられたのがあいらん君の名前なのである。そしてここでもあいらん君を犯人と仮定して邪推を立てた。


①2017/3/16時点の現状報告で二台目の3DSを入手したとの記述。更にうごメモをそちらでも続けるか思案中との記述。「あいらん」垢は親の3DSということもあり、Miiverseもまともに動かせない状況。new3DSを釣り垢としてしばらく使うことにした可能性がある。

 

②+31氏曰く「twitterをやっているとは聞いたことがない」、またアカウントを調査してもそれらしき垢は見当たらず。これでは「青鳥でボロクソに言われてた」ことを確認するのに不得手である。その為、内通者・仲間がその様子を伝えているのではないか。

 

③あいらん君の交換ノートの相手である某二名との会話の中でtwitterができないと漏らしており、非twitterユーザーであることは確定。加えてそれらを含むLINEグループが形成されている模様。更に後輩と名乗る+31氏にもLINEで連絡が来たことから、LINE経由でツイッターの発言が伝達された可能性が高い。


ツイッターを彼は『青鳥』と呼んでおり、なりすましの作品タイトル『青鳥でボロクソ(以下略』と、犯人とツイッターの呼称の方法という点で共通点が確認できる。

 

⑤TS君のファン人数が75名程に比べてあいらん君のファン人数は55名程。こちらの方が「50人以上」と言って差し支えない。

 

※こちらも邪推である為、不快な気分にさせてしまうと思われます。申し訳ございません。

 

ということで二人の候補が上がっていた状況である。

有志との相談で事実確認と探りを入れる為に、この+31氏に「LINEのやり取りをスクショして欲しい」「できなければ文章化して送って欲しい」と依頼。しかしやり取りはここで切れ音沙汰なし。今日に至って捨て台詞を吐き新しく垢を作ったという流れである。

 

今一度見直すとこの+31という人物も怪しいことが分かる。

 

①鍵アカウントのSqualLさんに対し鍵アカウントの+31氏がタレコミをかけたという事実。鍵アカウント同士という点で疑問符。

②LINEのスクショは撮影が可能であるが、それを頑なにDMに上げない。やり取りができなければ私が送っても見れない筈(だが、そこまで立ち回れなかったのが悔やまれる)。

③2つ下の後輩である、という点。最初彼はストレートに答えたが、あとから訂正している。この時点で怪しかったのかもしれない。(間違いないですね?と言ったのは誤りだったか?)

④4日に渡ってDMを返信せず。その前でも「確かに言っていた」とだけしか言っていない為、有力な根拠となっていない。元々そんなLINEのやり取りが無いなら当然ではある。

 

根拠こそ少ないが十分に怪しい…

そして今日「これ」は途端に正体を明かした。それが件のアカウントである。

そして垢を作る前…彼のツイートをいくつか抜粋させていただこう。

f:id:graystar445:20170514190822j:plain

その前での鍵垢での発言。こちらは恐らくSqualLさんと私しか確認できていない筈。

明確に迷惑をかけ人を馬鹿にするためだけに行ったことを公言した。

 

新アカウントでは「反省しました、棒バト描きます」などとのたまっているが、そのアカウント開設第一声も

 

f:id:graystar445:20170514173210j:plain

これである。

方々にDMで「もう迷惑かけないから仲よくしよ…(原文ママ)」と触れまわっているし、彼を援護するのも各々に任せることにする。

ただ、彼は他人に濡れ衣を着せた上でこういう発言を行い、のうのうと輪に入ってこようとする人間だということを忘れることのなきように。

私本人の見解しては、このような人間的に根っこから腐った畜生は作品を作る以前の問題であり、他作者に濡れ衣を着せるなど言語道断である。仮に知名を得るためにこのようなことをしたと拙い弁解をしたとしても、救いようもないほどの頭の悪いクソッタレ害悪であることに違いは無いし、そんな頭と手でまともな作品が生み出せる訳がない。彼の謝罪や弁解は最早全て嘘にしか映らないし、実際毛ほどにも許す気はない。現段階の彼がツイッターで誰にも許されないとヤケクソになったり、茶番劇に沿って更生を図ろうとしたりする姿勢も反吐が出る。大人も子供も変わりないと思うなら大人同等の報いを受けるが当然。フォロワーが寄ってたかってリンチするのは少々いただけないが、正直なところ「ざまあみろ」とさえ思う。ただ、こう思いの丈を発言しないのが「大人」なんだろうなと思うと共に、このような事はこれっきりにしたいところである。

以上、ZYESサイドでの事の顛末でした。

いやアレだね、俺だけが被害にあってるんならまだいいんだ…TS君とあいらん君巻き込んだのが一番許せないね…彼らは精力的に作品作りに取り組んでるんだもの、そこをいらん風評被害で邪魔されちゃげんなりするでしょって話ですわな

 

では最後の最後に彼に対する邪推を。

 

・彼が表舞台に出てきた狙いは、自分に対して送られた悪口・非難の言葉を収集し、それをネタに様々な作者の悪評だけを広めようとしているのではないか。

・彼の最終的な目的は「作者間の疑心暗鬼による棒人間バトル界隈の破滅」なのではないか。

 

一番の対策はブロックして関わらないことです。お気を付け下さい。

それでは。

 

 

【追記】

彼についてのメモは近いうちに投稿するつもりです。できる限り簡潔に、客観的に述べるのみに留めようと思います。サムネは…またひろしでいいかなあ…

 

【追記2】

うごメモでのお知らせメモを出しました。サムネはやっぱり自分のことを野原ひろしだと思い込んでいる一般人です。隠し要素はそんなにないです。

 

【追記3】

まだ懲りずにやっているそうです。いや飽きないねほんとにね。その為ZYESは「うごメモワールドギャラリーで一切の活字コメントをしない」ようにしました。どうしても必要な連絡などに限って活字でコメントするようにしますが、「合作しませんか」等という文言は確実に偽物と思って頂いて結構です。

【追記ex

見つかっちゃった。きっと上の空白にある辛辣なコメントも読んでくれたようですね?ここに彼の発言をまとめたものを置いておきます。https://を頭につけてくれよな「tweetsave.com/saves/4mfXIE」

続編創意制作中

時が経つのは早いもので(一年ぶり二度目)

 

ZYESでございます。

うごメモ弄ってたら大学を卒業し大学院生になってしまいました。なんてこった。

…もうしばらくだけ活動できますねえ

 

さて最近はvsZの続編である「vsΘ」を作っております。

日夜ツイキャスにていろんな人と絵を描いたりモンスターを狩ったり飲んだりしてるわけですが、そろそろネタバレの域に入ってしまったので作業風景は見せられない…すまない!今回だけは公開まで秘密にしておきたい要素があるのです

完成して後日、新たに作品を作るときは晒せるかなあと思案してます。そうでなくてもスカイプなんかでID交換して作業イプでも良さそうだ

 

棒バトといえば最近は新作ラッシュがかなりの勢いですね

ミドリさんやあるけむさんに始まりきたしろニキやWFさん、さらにはAltilaryさんなんかの北米勢までが続々と投稿する有様。私も上半期にはぶち込むつもりなので2017上半期は大荒れの予感…!

えくしぃさんはランキング制作が今年で三年目だろうか、是非とも頑張ってください。楽しみにしております!

 

と、あとこれはあんまり言いたくない話題。

苦渋を舐める気分ですが、最近おいらの悪質な偽物がギャラリーにて暴れまわっております。

定期的に現れてるらしい「ZYESに似た人」とは一線を課すものでして…内容としてはそっくりなmiiでほかの作者のコメント欄に出没して、言いもしないコメントを残していくというものです。一見しただけじゃ分からないのでご注意を。

今のうごメモだと作品にコメントしたらその作品は作者のコレクションに入るはずなのですが、そこもご丁寧に毎度消しており、作中でL+Y機能を使い、更にサブ垢ということからうごメモの扱いには長けている方のようですね。まず本アカはファンもそこそこ抱えてる棒人間バトル作者だって言ってたもんね。

しかも飽きれば他の作者になりきるそうな。最初の被害者がうごメモを長いことやってる俺で良かったかな、とさえ思います。

大変だとは思いますが、標的が俺である間に何か手を打ちたいとは思ってます…それでも今はコツコツと対応するしかなさそうです。

 

それではこれにて…

【追記】縦読み気づいた人どんだけいるかね

雑記

時が過ぎるのは早いモノで、既にvsZから半年経ってしまいました。早すぎんぞ~

細々とワンドロで棒人間を動かしたり、棒人間バトルWikiの描き方指南にgifをぶちこんだり、他人のキャスに突撃したりと自由奔放に動いてました。最近やった大仕事といえばあるけむさん合作五投目くらいですかね?完成したそうなのでギャラリーへ、どうぞ(良心)

ここ数ヶ月はリアルの方も割と修羅場でしたが…単位…試験…うっ頭が

 

報告することといえば、CLIP STUDIOとAdobe Cloudを導入したことでしょうか。

クリスタはうごメモよろしく透かしからタイムライン機能まで兼ね備えた絵描きソフト。楽しい機能が沢山とのことで、まだ使ってはいませんが徐々に慣れていきたいところ。Adobe CloudはAdobeのいろんなアプリを使えるクッソお得なやつです。有名どころのソフトはフォトショ、アフターエフェクツ、イラレとか。いずれも動画制作目的に導入したものですが、使い余すことのないようにしたいなあ…

何を作るかというと、折角だからパソコンで棒人間に挑戦してみようか…と思案しているところです。他にはUndertaleクリアしたので、二次創作動画とかどうかなーとか。行動になかなか移せないのがネックですが…

勿論うごメモの方もやっていくつもりではあります。vsZ続編も作らんとね。2016年棒人間バトル下半期ランキングはどうなることやら。上半期は四月に上げたから…半年換算だとちょうど今頃上げてることになりますね…参ったなあ…

 

以上、雑記でした。

 

vsZ公開とそのうらばなし

成し遂げたぜ。

  

 

漸くできあがりました。長かった!というか長すぎんだろ!!サボった期間含めて1年10ヶ月以上ってお前

 

さてさて、今回のバトルにおいてはちょっとしたこだわりがあります。三年ぶりに動いたからね仕方ないね。ここではその解説をつらつらとしていこうかなーと思います

f:id:graystar445:20160416230641j:plain

まずこれ。レイヴント張り切り過ぎ定期

「多重連装戦術レーザー兵器『MULTIPLE-P-L-C』」とまあ、軍事モノには大して詳しくも無いけどそれっぽいネーミングをしてます。扇状にパルスキャノンを展開してレーザーを乱射するロマン兵器で、実際のキャノンの本数は見えているものより多いぞ。というか重なってるぞ

f:id:graystar445:20160416231147j:plain

こちらがCレイヤー。上をABで描き、Cの3D深度を上げるとそれっぽい。

これの元ネタはアーマードコアⅤのオーバードウェポンの一つ「マルチプルパルス」ですね。P-L-Cはパルスレーザーキャノンの略称ですし、cautionのとこのちっこい英文は元ネタの武器を使うと無条件で発される警告文ですし、MODEL:Multiplepulseって書いてあるし、なんというかそのまんまです。そのまんま。溢れ出るロマンを再現したかったんや…許してクレメンス…

これを地上のZに向けて発射する時の軌道はvsΔを意識した作り。Δのあらかじめ兵装データを持っておいて戦うスタイルを真似たわけです。そのせいか立場が逆になってたり。使い回しでもある

ちなみにACV本家はあの棒が130本あるぞ(にっこり)

 

f:id:graystar445:20160416230705j:plain

次はこちら。アレの次にこれとかこいつウキウキしてんな

弩級(dragoon class)光衝砲[広域制圧]『FULL CRIMZON MARK-2』」。直線方向に対して光を伴う熱波を発射、前方向を諸々まとめて吹き飛ばすこれまたロマン兵器。Cレイヤーは下の通り。

f:id:graystar445:20160416231210j:plain

こちらはKBNαシリーズ第一作「カイゾウサレシモノ」の(リメイクなどを見てる限り)最も印象的なシーンのアレですね。元の作品でも狭い通路を埋め尽くして吹き飛ばす感じの使い方をしてます。こちらもMULTIPLEP-L-Cと同じく兵装をデータとして持っており、迅速に展開できるようテリジオが工夫してくれたそうな。

元ネタは「機工騎士」というGIFアニメ。GIFワンドロでも度々見かけるRENさんが2007年あたりに手がけたもの。

f:id:graystar445:20160417002606j:plain

これですね。構図全く一緒やんけwwwwwwwファーwwwwwwww

そもそも「カイゾウサレシモノ」自体これをやりたくて作ってたようなもんだったという。なのでinspire from REN in 2010 とひっそり書いておいた。英文としては怪しい。


Metallic Knights # 1 _ 2(THE ULTIMATE STICK ANIMATION).

全部でパート3まであるよ。

 

f:id:graystar445:20160416230741j:plain

あとはこれ。変形に対する変形、重機のインファイト。熱い。

[砕]に対する[拳]ですが、だいぶデザインが変わりましたね。以前のレイヴントの頭を弄ったような形から、ファイターを意識したデザインになってます。背中のブースターに逆関節の脚(浪漫)、腕は胴体部分からエネルギーの限り創成します。Zにフィニッシュを食らわせた、ブースターを大量に搭載したタイプの腕も作れます。逆関節で納得のいく平面図を描くのに苦労。

それと、レイヴントの光が赤なのに対しZは黄色です。二人のサイバー的な演出が混在するシーンでは色でどちらかが分かるようになってます。そんな場面はあまりないけども…

f:id:graystar445:20160416230800j:plain

そして最後。まさかの第三者の乱入。

第三者って訳でもないです。副題は「Dobble Interception」、つまりこいつはレイヴントを待ち構えていたわけで。こいつの戦闘方法、変形は追々明らかにしていく予定です… うおおん作らねば

実はこの副題、次回作のネタバレを含んでいたりする。秘密だゾ

そしてBGMに使用したWorkaHolicとPanicHolic。どちらもC-showさんの曲で、PanicHolicの方はSoundVoltexを筆頭にKONAMI音ゲーに収録されております。赤譜面の直角を回したときから大好きです。重譜面も鳥Aクリアするくらいに好きです。まだ公開はしていませんが、Zの中の人の見た目はジャケ画を飾るMADHolic君みたいなことになってます。ガスマスクって素敵

 

これで語りたいことは大体書き連ねた感。いやあ、完成してよかったですホント。おかげさまでワールドシアターの作品ランキングでは4/15時点で2位を獲得。作者ランキングにも浮上したようです。ホントありがとうございます!動画版も上げましたが、3D視点やL+Yの隠しメッセージを探したりしにギャラリーにも来てね!

次回作も時間こそかなりかかるとは思いますが頑張って作っていきたいと思います。よろしくね!!

 

追記:10/7

弩級光衝砲の項をちょっと弄りました。

本来弩級とは英国の建造した戦艦ドレッドノートの頭文字に由来したもの。以降20世紀前半の標準的な戦艦の典型的なタイプとして広く用いられた格付けであります。

無論ALPHA KNIGHTSの世界は現世界とは全く違った異世界であるので、この呼び方はそのままでは適切ではないです。つーわけでBLASTさん制作中のKBNバトル作品から「ドラグーン級」という格付け名をもらうことにしました。

現段階だとAK世界での戦争において多大な活躍をした大砲と同一の直径を持つもの、ということになっております。

涼しくなってきました

最近はtwitterあたりに顔を出すようになったかなーと思います、ZYESです

艦これも無事照月ちゃんをゲットしprprしだらだらと過ごして早三週間ほど。ちょっと早すぎませんかね…

 

最近あったことと言えばえくしいさんがyoutubeで「2015年棒人間バトル上半期ランキング」なるものをうpされたことでしょうか。動画はこちら↓

www.youtube.com

レベルたっけえな!!うごメモ終わってねーぞ!!

名だたる面子に美麗なバトルの数々、見よう、是非とも見よう。個人的なお気に入りはNatureさん、Shiroさん、DewXさんのものかしら。

そしてエンジソン君が作ってくれたうちの子大暴れのバトル「Bangin` Beasts」が7位にランクイン。やったぜ。今更になってしまったけどここでお礼を言わせて頂きます、ありがとう!

ツイキャス辺りでドンチャンやっていた勢は色々触発されて各々3DSを取り上げたらしく、自分も久方ぶりに気分が高揚してきましてここ数日で制作が少し進みました。けど物足りない感が凄かったり、割とあっさりしているような印象を受けたり… 例のノートも前回紹介した分を全廃棄する勢いです… 結局アドリブじゃないか(呆れ)

下半期版も作るとのことなのでおいら頑張っちゃうゾ~

 

進捗は

うおああああああバケツが無くなったああああああ

f:id:graystar445:20150826061626j:plain

艦これイベント真っ最中です。E-7攻略中です。最終面であるここをクリアすれば対空値がクッソ高くて使える上にかわいい「照月」がゲットできます。しかし備蓄が無い。絶望的に無い。まだ一週間ありますので再備蓄です…レアドロップ掘りは駄目そうだなぁ…海風欲しかった…

 

前回の記述(五ヶ月前…)から艦これを始めていましたが、「何時間PCの前にいられないか?」ということを考慮して遠征を組むと、上手いこと一日の予定が組めたりしますね。特に早起きが必要だった期間はばっちりいけました。絵のネタも増えるしいいことばっかと思われたのですが、その分家にいるとPCに張り付きまくってしまうのが難点か… 要は他のことに手がつかなくなってしまうという。クロノートも半端にしてしまっています…適当な白紙なら割と消費するんだけどなぁ

折角の夏休みなので色々やりたいことリストを作って地道に潰していこうという算段を立ててはいます。その中には去年の四月に始動したアレ…新作の制作も含まれており、漸く納得のいくバトルの流れが見えてきた次第です。例のノートにも久方ぶりに書き込みが増えましたよ~

f:id:graystar445:20150826061144j:plain

例のノート。もうボロボロです

進んだようなのでちょっと中身を拝見といきましょうか。

f:id:graystar445:20150826061134j:plain

新たにボールペンで書き足し。所々奇抜な変形が見えますね…ちなみに今までのシャーペン画のバトル構想は全てボツです…およよ

f:id:graystar445:20150826061209j:plain

これは敵さんの変形図…?新たなKBNもまた、独特の大規模変形スタイルを持っているようです

 

写真はここまで。基本的にはこうして乱雑にメモしたものを手元に

基本となる棒人間のモーション

 →キャラクターの装飾

  →モーションの接続

   →カメラワークandエフェクト

    →揺らし

という手順で進めています。しかしまぁぁ久しぶり過ぎてなかなか本調子になれず難航しております… うぐぐ、早く完成形が見たいぞちくしょうめ!頑張ります。